Site Overlay

沖縄の青の洞窟で癒されよう

観光などでとても人気のある沖縄県。毎年多くの人が足を運びます。その中の一つ、青の洞窟は沢山の雑誌やテレビにも取り上げられ、観光客に大人気の観光スポットとなっています。地元ではクマガーガマとも呼ばれ愛されている、沖縄の恩納村真栄田岬にある天然の洞窟です。奥行きは約40m、幅は約4mほどの琉球石灰岩に囲まれた空間です。青の洞窟までは、長い階段を降り500~600mほどの岩場を歩いて冒険する感覚を味わいながら行く方法やボートやカヤックを使用し、沖縄の透き通った海を眺めながらのんびり行く方法などがあります。


青の洞窟の内部を紹介しましょう。大人一人が通れるほどの狭い入り口をかいくぐると、そこには美しい青の空間が広がります。洞窟内に差し込んだ太陽の光を、海底の真っ白な砂地が反射し水面を美しい青に染め上げています。さらにその幻想的な輝きは岩も染め上げ、空間全体を神秘的な雰囲気が包みこんでいきます。静寂と光が織り成す水の中を優雅に泳ぐ沢山の夜行性の魚の群れ。洞窟は時間と共に変化をし、また違う表情を見せてくれるでしょう。そこを訪れる者に感動と驚きを与える青の洞窟。一生忘れられない素晴らしい体験を味わってみてはいかかでしょうか。

おすすめ青の洞窟ダイビングは沖縄シーモール